デンタルクリニックシェア数の

デンタルクリニックシェア数の割合というと、今は日本全国で約6万強程度の医院が存在しまして、どこでも飽和状態です。

歯医者さんの過多の原因は大学があちこちで新しく開院され、年間の歯科医師の資格を取得する人が増大して、結果として歯科医院が需要を超える供給過多になったのです。今の歯科医は診療のコスト総額がそのままアップしていない実情で、歯科医は決められたフィールドで、お客さまを増々奪い合う状況です。
経営危機の為、各歯科医院はインプラントをはじめより高額になる自由診療の導入を工夫しています。

インプラント治療は現在では日本では15歳?の約2.5%の人がてを出している治療方法です。

余談ですが日本の歯科医の約13600医院がインプラントの手術をしています。

一クリニックあたり一ヵ月でふたつの手術をすると想定するとひと月あたり三万件弱の市場があると思われます。

ここで思うのはかなり高額なインプラント手術、ほいほいと手術に踏み切る方がいらっしゃるのかと感じるでしょう。でも、実は大丈夫なんです。

現状とても少子化現象が歩んでいますよね。
少子化になる前に払ってた年配者のお金の払い先がご自身へとなったのです。

プラス年配になるほどだんだん健康面が気になるという考えが込み上げてきます。

そしてその中で代表的なのが健康な歯が減ってくるというものです。それの救世主が「インプラント」というわけなのです。

気にする事無くかみたいっ!生活の質を向上させたい。

そういう悩み抱える老人が増え、裏付けるように手術を受ける人の9割近くが45歳以上なのです。そんな感じで、色々な分析からこのインプラントの手術数は年々増します。そもそもインプラントってどんなものかというと、人工歯根を人工歯根の上に取り付けられる支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯からなる3つの部位からの構造としてできています。次にインプラントにはどういうものがあるかというとインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプのタイプの種類があります。

なりたくないインプラント歯周炎という病気が存在します。

この病気は進み具合によって二種類があります。ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。それから進行形のインプラント周囲炎です。
インプラント周囲炎での症状は一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎が痩せ細ったりすることです。インプラントの歯科選びのポイントはあります。
まずは経験や実績の豊富なクリニック医師かどうかです。次に、きちんと他の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、治療の期間やトータルコストなどをわかりやすく説明する歯科医院であるのかどうかです。最後は治療後の定期検診(メンテナンスなど)もしっかり行っている歯科医院かどうかも見落としてはいけない選ぶ際の大切な基準となります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP