インプラントにはデメリットはありますが、当然メリット

インプラントにはデメリットはありますが、当然メリットもあります。まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。

 

歯科数というと、今は全国で大体65000以上の医院が乱立しており色々な場所で供給過多となっています。

歯科増えすぎた一因として医大・歯科大のどこでも新しく作られ年間で歯科ライセンスを取得する人がますます増えて、歯医者さんが増えたのです。現在の歯科は治療費の総額はほとんど伸びてない模様で、歯科医院は決められた客数で、受診者を取り合いする状態です。経営存続の為、各診療所はインプラント・矯正・ホワイトニング…等自費での診療の誘導を行っています。例えばインプラント治療は今で日本では15歳以上のおよそ四十人に1人が利用している方法です。ちなみに全国の約13600もの歯科医院がインプラント治療を導入しています。
そしてひとつの歯科医院で二件/一ヵ月の手術と決めて月間で約27000件に上るマーケットになってるとわかります。

ちなみに普通の感覚ではどうしても高額になる治療、簡単に数字通りにお客さまが来てくれるのかと感じますよね。

しかしご心配なく。

ここのとこすごい速さで少子化へと突き出ています。少子化になる前に使われていたおじいちゃんやおばあちゃんの支払いポイントがご自身へとなったのです。何より年をとるとそろそろ体を大事にしよう等の気持ちが頭の片隅から離れなくなります。
そして関心が高いのが入れ歯にはなりたくないというものです。

そんな時にありがたいのがインプラントというわけです。入れ歯よりも最適な方法がいい!話す時に気にしたくない♪そう願う方が多くなり、現実に手術する方のおおよそ88%が45歳以上です。そんなわけで様々なデータからインプラント手術の注目度は日増しに増えて行きます。インプラント専門の歯科医院を選ぶポイントは確かにあるでしょう。まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師かどうかでしょう。

そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、値段や治療期間なんかを具体的にに説明している医院かどうかですね。

最後にインプラントの治療・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院であるのかどうかもしっかり参考にしなければいけないでしょう。
とても嫌なインプラント歯周炎という病気があります。この病気は進み具合によって二種類があります。ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる周囲粘膜炎です。次はもっと進行して中の骨の方まで炎症しているインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎での症状は粘膜が発赤したり膿がでたり、インプラントがグラグラしてきたりが挙げられます。そもそもインプラントってどんなものかというと、ネジのようなチタンで作られた人工歯根と人工歯根の上に取り付けられる支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠という主に三つの部位でできた造りになっているのです。次にインプラントにはどういうものがあるかというと人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプの二種類が現在あります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP