歯医者の規模について、只今全国でざっと

歯医者の規模について、只今全国でざっと6万5百以上の歯科医院があって全体的に飽和状態です。

歯科医の増大のわけは歯科大が立て続けに新設され歯科ライセンスを得る人が激増して、そのため歯科医院が増えました。

こんにちの歯科医院は治療コストのトータルがほとんどのびていない実情で、歯科医院はわずかである顧客数で受診者を取り合いの状況です。

経営危機の為、各歯科医院はインプラントや矯正など自費の診療の導入を取り組み始めています。

インプラントの治療法は今で日本では15歳?のおよそ2.6%の人が利用している状態です。余談ですが日本の歯科医の約13600医院がインプラント治療・手術を取り入れています。
一つの歯科医院あたり一ヵ月当り二件の手術をすると想像して何と月間で27200件のマーケットであると理解できます。ちなみに高いインプラント費用であるのにほいほいと手術に踏み切る方がいらっしゃるのかと不思議でしょう。

だけどご心配には及びません。

今日心配する程高齢化の社会が突き出ています。少子化以前に使われてた年配の方のマネーの使い道が周りに孫もいないし、自分自身に使おう、という人が増えてきています。それに加え年をとると老後に備えたいそんな考えが心にでてきます。

そんな時によくありますが徐々に歯が失われてくるという心配です。
それの救世主がかのインプラントなんです。
違和感無く食事したい、生活上より便利なものが良い・そう願う方が多くなり、ふと見てみると手術を受ける人の大半の方が45歳以上です。

そんな事もあり多方面の話をきいてもインプラント治療の人気は日増しに伸びて行くでしょう。

そもそもインプラントはデメリットはありますが、当然メリットもあります。

まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。
次では、インプラントをする以外の健康の歯には影響をうけません。

そして、見た目の上でも美しく、天然の歯と見分けがつきません。

おすすめインプラント歯科医院

またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。

さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。
逆にデメリットでは、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。

で、手術が必要です。
また、メンテナンスをしないといけません。
さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。

例えば糖尿病の人はできない場合があります。歯を抜いた後、基本的に3つのやり方での治療が選べれます。

よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。まず始めにブリッジの治療方法はやはり他の歯への影響があります。そして、場所によっては銀歯になります。けれども治療期間も短期で、違和感も少ないというメリットもあります。

聞きなれた入れ歯ではブリッジと同様程度のメリットですが、異物感を感じやすく、非常にかみ合わせが悪い場合があると欠点などがあります。

最後にインプラント治療法は自由診療のため高額になり、手術する必要があり長い治療の期間というデメリットがあるのだけれども、他の治療法より一番美しく、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。

インプラント歯周炎があります。この歯周炎は2つの病気に分類されます。
まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる周囲粘膜炎です。二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。インプラント周囲炎の症状としては出血がでたり膿がでたり、歯茎の退縮になったりが主な症状です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP