歯科医院数で言うと、こんにちでは全体でおよそ65000

歯科医院数で言うと、こんにちでは全体でおよそ65000以上の医院があって全体的に供給過多となっています。歯科医の供給過多の背景として医大・歯科大の新設ラッシュにより、歯科ライセンスを取得する人が増加傾向で、デンタルクリニックが増大しました。こんにちの歯科医院は診療費の総額がそんなに伸びていない感じで、歯科医院は少しの戦場で患者を取り合うようです。稼げないので、それぞれの歯科医ではインプラントを筆頭に自費診療の囲い込みを始めています。
インプラントは現状15歳以上?のおよそ2.5%の人が使用している最先端的治療法です。これは全国の約13600もの歯科医院がインプラントの手術をしているのです。一医院あたりひと月あたり二件の手術と想像して月間で何と30000件近くの市場であることが理解できます。

ここまでで思うのはインプラント費用は高額なのにほいほいと手術に踏み切る方がいらっしゃるのかと疑いますよね。
無問題です。

今日とても高齢化現象が迫っていますね?大昔に落とされてたおじいちゃんやおばあちゃんのお金の使い方が他者ではなく自分へと変わりました。
たたみかけて年とともにずっと健康な体を保てるか?そんな気持ちが増してきます。そして代表格とも言えるのが自前の歯が痛んでくる事です。そうなった時に助かるのが「インプラント」というわけなのです。

自分の歯を保ちたい!生活上より便利なものが良い…そんなかんじで、実際患者様の大半が45歳以上です。要するに、やはり結果からインプラントの求められる数は年ごとに増えるでしょう。
インプラント治療法には良い点と悪い点があるのです。
メリットの方では、天然の歯とほとんど同等の力で強く噛むことできるの事です。

つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。
そして審美的にもよく、自分の歯と見分けがつきません。

またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。さらにきちんと会話もでき、不便を感じません。
ではインプラントのデメリットは、インプラント自体の値段が高いことが挙げられます。

場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。

またメンテナンスが大変です。さらにはすべての種類のインプラントがまれに骨とくっつかないケースが生じます。

のインプラント(人工歯根)を見極めるポイントはあります。まず、経験豊富な医者かどうかでしょう。

次にしっかりその他の治療方法や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、治療期間や保証・そして費用などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかということです。
最後に術後の定期健診を医師だけでなく専門のスタッフなども完備している歯科医院かどうかも非常に大切な選項目です。

歯が抜け落ちた後、治療方法には3つが選ばれることかと思います。

よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。

ブリッジというのは他の健康な歯を削る必要があります。
それに加えて、はめる所により銀歯になります。しかしながら、割と簡単に治療でき、いうほど違和感を感じないといったメリットがあります。
入れ歯はメリットなんかはブリッジとほぼほぼ同じですが、なにか変な感じという違和感があり、非常にかみ合わせが悪い場合があるとデメリットがあります。

それから、インプラント治療法は保険外の自由診療で手術がいるし埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがそれぞれ存在しますが、やはり審美性が高く、一番治療後にも自然的で、普通に喋ることもでき、咀嚼能力も自分の歯同様にまで回復できるメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。

インプラント構造は、人工歯根をその歯根部の上にとりつける支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠という3つの部位から出来上がる構造なのです。

インプラントの種類では人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプのものがあります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP