インプラント構造は、チタンもしくはチタン合金で作ら

インプラント構造は、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部とその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯という主に三つの部位からなる構造です。また、インプラントの種類にはインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプの2種類です。歯が抜けたあとは、治療方法には3つが選ばれることかと思います。よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。ブリッジ治療は他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。

それに加えて、はめる所により銀歯になります。

しかし、外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるというメリットがブリッジにあります。
2つめの入れ歯治療ではメリットはブリッジと似ていますが、どうしても違和感を覚えやすく、総入れ歯ぐらいになると噛み合わせが大変良くないという欠点などがあります。最後になるインプラント治療では自由診療のため高額になり、手術する必要があり治療期間は比較的長くなるという欠点があるのだけれども、やはり審美性が高く、一番治療後にも自然的で、天然歯と同様の力で噛む事ができるメリットなので、医院でも勧められえています。
大変怖いインプラント歯周炎てものがあります。この歯周炎は2つの病気に分類されます。

一つ目は初期のインプラント周囲粘膜炎です。
二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。症状としては周囲粘膜が赤くなって出血・膿が出たり、歯茎とインプラントの間の溝が深くなったりすることです。
インプラント専門の歯科医院を見極めるポイントがあります。
まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師であるかでしょう。そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットの説明や、費用や保証や治療期間などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかも選ぶ際の参考となります。最後は治療後の定期検診(メンテナンスなど)もしっかり行っている歯科医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP