歯周病とかで抜歯した後は、3つの治療方法が選

歯周病とかで抜歯した後は、3つの治療方法が選択できます。

インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。まずブリッジはやはり他の歯への影響があります。

それに加えて、入れるとこによし銀歯になってしまいます。

しかしながら、それほど違和感を感じず、手術不要などのメリットがあります。
聞きなれた入れ歯ではブリッジと同様程度のメリットですが、どうしても違和感を覚えやすく、総入れ歯ぐらいになると噛み合わせが大変良くないという欠点があります。

最後になるインプラントではより金が掛かる自由診療で、手術する必要があり埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるが、やはり審美性が高く、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。

インプラント治療をしている歯科医院選びのポイントは確かにあるでしょう。最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターかどうかでしょう。

またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、しっかりとメリットだけではなくデメリットの説明や、治療の期間やトータルコストなどを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院か?です。

インプラントの治療・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。
インプラントを10年も20年も使えるために100%といってもよいぐらい脳裏に焼き付けてほしいことがあります。それはインプラント埋入する前に、歯が抜け落ちる恐れのある歯周病の治療を予め済ませておくことです。

次に、インプラント治療後も日頃の手入れや歯科医院のメンテナンスを受診することが大事です。
もし埋入しただけで後は放置しておいたりしているとある日、インプラントが抜け落ちる病気にかかったりしまいます。

そもそもインプラントは良い点と悪い点があります。

まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。

次のメリットはわざわざ虫歯のない健康の歯を削らなくて済むことです。そして審美的にもよく、自分の歯と見分けがつきません。

また異物感はないです。

さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。ではデメリットの方では、値段が高いということです。人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。

また定期的な健診がいります。

さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。大変怖いインプラント歯周炎という病気があります。

これは進行状態によって2つに分けられます。
一つ目は初期のインプラント周囲粘膜炎です。

次はもっと進行して中の骨の方まで炎症しているインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎の症状としては一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎の退縮になったりする症状があげられます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP