インプラント治療をしている歯科医院を選ぶ際の重要な

インプラント治療をしている歯科医院を選ぶ際の重要な項目は確かにあるでしょう。最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターかどうかでしょう。

次に、きちんと他の治療方法(入れ歯やブリッジなど)や、メリットとデメリット、費用や保証や治療期間などをわかりやすく説明する歯科医院かどうかということです。
最後にインプラントの治療・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院かどうかも慎重に見極めなければなりません。
インプラントという人工歯を大事に使っていくために一応耳の片隅に置いておきたい大切なポイントがあります。それはインプラント治療前に歯周病の治療をあらかじめ終わらせておくこと。それから次に一度インプラントを埋めた後でも毎日の歯磨きと定期的な検診を受けることです。
もし埋入しただけで後は放置しておいたりしているとインプラントが抜けてしまうインプラント特有の歯周病になる可能性があります。インプラントの場合にはデメリットはありますが、当然メリットもあります。まずメリットは強く噛めることが可能ということ。
次のメリットでは、インプラントを埋める隣の健康の歯に影響がないことです。
そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。
またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。さらにきちんとしゃべることが可能になります。
ではデメリットの方では、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。

で、手術が必要です。

またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。

例えば糖尿病の人はできない場合があります。インプラント歯周炎という病気があります。これは2つに分けられます。ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる周囲粘膜炎です。それから進行形のインプラント周囲炎です。主なインプラント周囲炎の症状は粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎の退縮になったりが主な症状です。

おすすめインプラント歯科医院
のインプラントの造りは、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠という主に三つの部位でできた造りになっているのです。次にインプラントにはどういうものがあるかというとインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプの二種類が現在あります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP