インプラント構造は、チタンもしくはチタン合金で作ら

インプラント構造は、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントと、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠との三つの部品からの構造としてできています。

また、インプラントの種類には人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプのものがあります。大変怖いインプラント歯周炎があります。
これは進行状態によって2つに分けられます。
まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなるインプラントの周囲粘膜炎です。

それから進行形のインプラント周囲炎です。
主なインプラント周囲炎の症状は出血がでたり膿がでたり、歯茎の退縮になったりが主な症状です。
そもそもインプラントは当然メリットがありますが、反面デメリットも存在します。

メリットでは、生まれ持った歯と同じパワーで噛む事ができます。

次のメリットはわざわざ虫歯のない健康の歯を削らなくて済むことです。
そして、審美的にもグッドで、自分の歯とほとんど見分けがつきません。直接骨に埋めるため、一体化して異物感を感じません。
さらには会話も弾むほどしゃべれます。

ではデメリットでいくと、インプラントそのものが高額です。場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。
また定期的な健診がいります。さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。

歯が抜け落ちた後、3つの治療方法が選べれます。ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つです。

まずブリッジは虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。
そして、はめる部位によっては銀歯にしなければいけません。しかし、外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるというメリットもあります。
次の入れ歯ではブリッジと同様程度のメリットですが、違和感があり、総入れ歯ぐらいになると噛み合わせが大変良くないという良くない評価があります。


最後になるインプラントではインプラント自体が高額で、外科手術がマストかつ埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるのだけれども、他の治療法よりも審美性が最も高く、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットであるため、長い目でみてもおすすめです。

歯医者さんの割合ですと、只今全国でざっと6万5百以上の歯科医院があり、全体的にひしめき合っています。

歯科クリニック飽和状態のわけは医大などの新設により年間の歯科医師の資格を取得する人がだんだん増えることによって、歯科が供給過多に陥りました。近頃の歯科医院は治療費の収入がそのままで伸びていない様子で、歯科クリニックは限られている範囲で、患者を取り合いする現状です。

何とか稼ごうと、歯科医院は矯正やインプラントと患者にとって出費が多くなる診療の数を増やす事をしています。
このインプラントという治療法は今日ではオーバーフィフティーン約2.6%の方がてを出している状態です。そしていまでは13600数の歯科医(全国の歯科医の約5分の1)がインプラント手術を行っています。

一医院あたり二件/一ヵ月の手術と仮定した場合何と月間で27200件のマーケットであると思われます。
ところが高いインプラント費用であるのに気軽にポンポン手術になるかと疑いますよね。

無問題です。

今日猛スピードで高齢化が進んでいます。大昔に落とされていた高齢の方のお金をかける所が他者ではなく自分へと変わりました。そして年とともに健康・介護に備えたいそんな考えが頭をかすめます。
その中で関心が高いのが健康な歯が残り少ないという悩みです。それを救ってくれるのがインプラント治療というわけですね。

入れ歯は面倒だ、見た目も気にしたいっ、そんな考えを抱くようになり、やっぱり実際でもお客の約88%が45歳以上だったのです。というわけでやはり結果からおすすめインプラント歯科医院
のインプラント手術の人気度は日を追う毎に増えます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP