インプラント構造は、チタンもしくはチ

インプラント構造は、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根とその歯根部の上にとりつける支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯からなる3つの部位からの構造としてできています。

次にインプラントにはどういうものがあるかというとインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプのタイプの種類があります。

インプラント専門の歯科医院を選ぶ際の重要な項目はやはりあります。最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターかどうかでしょう。またインプラント治療だけではなくそれ以外の違う治療方法や、メリットとデメリット、費用・保証・治療期間などを患者目線で丁寧に説明してくれるクリニックかどうかということです。

最後に術後の定期健診を医師だけでなく専門のスタッフなども完備している歯科医院かどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。
歯医者の数について、今では全体で約6万強程度の医院があるという事で、あらゆるところで飽和しています。

歯科医の過多の理由は医大・歯科大の立て続けに新設され年間歯科ライセンス取得者がだんだん増えることによって、結果として歯科医院が増えたのです。
現在の歯科は診療のコスト金額は横ばいで伸びていない状態で、歯科医は限りある客数で、お客を取り合いする現実です。

経営存続の為、各診療所はインプラントを筆頭に自費の診療の導入を取り組み始めています。
インプラント治療は現在では全国で15歳以上のおよそ四十人に1人がしている治療なのです。そして現在の歯科医の約13600医院がインプラントを行っています。一医院あたり一ヵ月当り二件の手術をすると予想してひと月あたり三万件弱のマーケットであるとわかります。

ちなみに高値のインプラントなのにそんなにうまく顧客はあるのかと心配ですよね。しかし大丈夫です。
今は急激に少子化が迫っています。
その前に集まっていたお年寄りのお金をかけるポイントがご自身の為に変わったのです。それから高齢になっていくと健康面が大事だなどという考えが頭をかすめます。中でもよく聞くのがだんだん健康な歯が失われてくるという事です。それの救世主がまさにインプラントなんです。

自分の歯で噛みたいっ、話しやすい歯が欲しいっ、そんな思いが増す中年者の人が増え、現状に手術を受ける人の約88%が45歳以上にあたるのです。

そんなわけで各種類のデータをみてもインプラント治療の需要でいうと増々伸びています。

インプラント歯科医院のおすすめ

長くインプラントを持たせるためにも、是非ともずっと心にとどめておきたいチェックポイントがあります。インプラント外科手術をする前に他の歯に生じた歯周病治療を予め済ませておくことです。二つ目はインプラントした後でも積極的に歯科医院のメンテナンスを受けることです。

けど、定期的なメンテナンスを受けないでいると最終的にはインプラントが抜けてしまうという事態に陥ってしまいます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP