ずっとインプラントを使い続けるためにもぜひ耳

ずっとインプラントを使い続けるためにもぜひ耳の片隅に置いておきたいことがあります。

それは治療前に他の歯に生じた歯周病治療をあらかじめ終了しておくことです。

それから次にインプラント治療後も定期的なメンテナンスをしてもうら必要性です。
けれども、面倒くさいからといってメンテナンスを行わなかったりするとある日、インプラントが抜け落ちるインプラント歯周病になります。

インプラント治療する歯科医院を選定する大事なポイントが存在します。第一に今までの症例数の多いクリニックであるのかどうかが非常に大事です。

またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、メリットとデメリット、治療期間や保証・そして費用などをわかりやすく説明する歯科医院かどうかですね。

それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院かどうかも見落としてはいけない選ぶ際の大切な基準となります。
とても嫌なインプラント歯周炎という歯周病に似た病気があります。
これは2つに分けられます。まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる初期のインプラント周囲粘膜炎です。
次はもっと進行して中の骨の方まで炎症しているインプラント周囲炎です。周囲炎の症状としては痛みや出血が生じたり、歯茎とインプラントの間の溝が深くなったりする症状があげられます。虫歯が抜けた後、3つのやり方で治す方法が選択できます。

ブリッジ、入れ歯、インプラントです。

ブリッジ治療はどうしても健全な歯を削らなければいけません。
それと、入れるとこによし銀歯になってしまいます。

だが、それほど違和感を感じず、手術不要といったメリットがあります。
入れ歯ではまあメリットはブリッジの治療方法と同程度ですが、異物感を感じやすく、非常にかみ合わせが悪い場合があると欠点などがあります。

最後になるインプラントでは自由診療のため高額になり、外科手術がマストかつ埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるのだけれども、他の治療法より一番美しく、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットのため、ますます今後埋入する患者が増えると思います。
インプラントはどういう構造かと申しますと、ネジのようなチタンで作られた人工歯根とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部とその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯という部品からなるものなのです。

次にインプラントにはどういうものがあるかというと人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと逆におすすめインプラント歯科医院
のインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの二種類が現在あります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP