インプラントの場合には患者にとって

インプラントの場合には患者にとってメリットとデメリットがあります。まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。

それと他の歯を削らなくとも良いということです。そして、審美的にもグッドで、自分の歯とほとんど見分けがつきません。

またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。
さらには、インプラントは顎に埋め込むため、天然の歯と同様にしゃべることができます。デメリットでは、やはり高額な治療になることでしょう。そして手術を必要とします。
また、メンテナンスは必須な治療方法です。さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。

例えば糖尿病の人はできない場合があります。

歯が抜けたあとは、概ね3つのパターンで治療になります。インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。ブリッジは他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。それにはめる所により銀歯になります。

しかし手術もいらず、治療期間もそれほど短いといったメリットがあります。

入れ歯は良い部分はブリッジと近いですが、異物感などで慣れず、天然歯と比べて非常に噛みにくいという欠点などがあります。3つ目に、インプラント治療では自由診療のため高額になり、手術も必要となり長期の治療期間になるデメリットがそれぞれ存在しますが、他よりは審美性が良く、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットのため、ますます今後埋入する患者が増えると思います。

インプラントの造りは、歯根部とそこの上に取り付ける支台部と、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるとの三つの部品からの構造としてできています。

また、インプラントの種類にはインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプの2種類です。
インプラント専門の歯科医院を選ぶポイントはあります。

最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターであるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。次にしっかりその他の治療方法や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、治療期間や保障などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院であるのかどうかです。

それから、治療後のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックかどうかも見落としてはいけない選ぶ際の大切な基準となります。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP