インプラントはどういう構造かと

インプラントはどういう構造かと申しますと、人工歯根をその歯根部の上にとりつける支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠との三つの部品からの構造としてできています。

インプラントの種類ではインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプの二種類が現在あります。インプラントを20年30年とし続けるためにも必ずずっと心にとどめておきたい大事なことがあります。

インプラントする前に、歯が抜け落ちる恐れのある歯周病の治療をきちんと完全に終了させておくことです。二つ目はインプラント手術後も積極的な定期検診を受けてチェックしてもうらことです。しかしながら、もしメンテナンスを放置すると人工歯根が抜け落ちるインプラント周囲炎になりうるでしょう。インプラントの歯科を選ぶポイントは確かにあるでしょう。
まず初めは経験や実績のある医師かどうかです。次に、きちんと他の治療方法や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、費用・保証・治療期間などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかも大事な選定ポイントです。

それから、治療後のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックなのかどうも特に大事な選定ポイントになります。

のインプラント治療法には良い点と悪い点があるのです。

メリットの方では、天然の歯とほとんど同等の力で強く噛むことできるの事です。次に、健康の歯を削る必要がないことです。そして、見た目の上でも美しく、天然の歯と見分けがつきません。
直接骨に埋めるため、一体化して異物感を感じません。

さらにきちんと会話もでき、不便を感じません。反対にデメリットの方では、値段が高いということです。そして手術が伴います。
またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。さらに重症の糖尿病の方や骨粗鬆症の方はできません。歯が抜けたあとは、治療方法には3つが選択できます。

ブリッジ、入れ歯、インプラントです。ブリッジ治療は健康な歯を削るなどして犠牲にします。そして、付ける部位で銀歯にしなければいけないデメリットもあります。

しかしながら、それほど違和感を感じず、手術不要というメリットもあります。聞きなれた入れ歯ではまあメリットはブリッジの治療方法と同程度ですが、異物感を感じやすく、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むという良くない点があります。

最後にインプラント治療ではインプラント自体が高額で、外科手術がマストかつ治療期間は比較的長くなるという欠点があるけども、やはり審美性が高く、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットであるため、長い目でみてもおすすめです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP