インプラント(人工歯根)を選ぶ

インプラント(人工歯根)を選ぶポイントが当然ながらあります。

まず、経験豊富な医者かどうかです。次にしっかりその他の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、費用や保証や治療期間などを具体的にに説明している医院であるのかどうかです。
それから、治療後のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックであるのかどうかもしっかり参考にしなければいけないでしょう。

長い間インプラントをしていくためにも、かならず脳裏に焼き付けてほしい大切なポイントがあります。

それは治療前に大変怖い歯周病治療をしっかりと済ませておくことです。

それから次にきちんとインプラント治療後もメンテナンスをしっかり受けましょう。もし放置やメンテナンスを怠るとある日インプラントそのものが抜け落ちるインプラント周囲炎になりうるでしょう。インプラント構造は、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその歯根部の上にとりつける支台部とその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯という主に三つの部位からなるものなのです。次にインプラントの種類は人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプのものがあります。インプラント治療は良い点と悪い点があるのです。

最初にメリットは本来の自分の歯をほぼ同じ力で噛むことができるということです。つぎに健康である歯をわざわざけずる必要がありません。それから、見た目的に天然の歯を同じくらい美しいです。またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。

ではデメリットでいくと、インプラントそのものが高額です。
そして手術を必要とします。

またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。

さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。

例えば糖尿病の人はできない場合があります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP