インプラント歯周炎があります。これは2つ

インプラント歯周炎があります。これは2つに分けられます。

ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなるインプラントの周囲粘膜炎です。二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。
症状としては周囲粘膜が赤くなって出血・膿が出たり、歯茎とインプラントの間の溝が深くなったりすることです。

おすすめインプラント歯科医院
のインプラント治療には患者にとってメリットとデメリットがあります。

メリットは、強い力で物を噛むことができます(天然歯とほぼ同等です)。

つぎに健康である歯をわざわざけずる必要がありません。それから、見た目的に天然の歯を同じくらい美しいです。

それから入れ歯と異なり、口の中に何か入っているといったことを感じず自然な感じです。

さらには会話も弾むほどしゃべれます。
ではデメリットでいくと、値段が高いということです。場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。

また定期的なメンテナンスが必要ということです。さらには、医師の技量にもかかってくるため、治療中事故(医療事故)が生じないとは言えません。インプラントの造りは、人工歯根を人工歯根の上に取り付けられる支台部と、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるという3つの部位から出来上がる構造なのです。

次にインプラントの種類は人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプの二つがあります。
インプラントのクリニックを選ぶ際の重要な項目が当然ながらあります。
まず初めは経験や実績のある医師かどうかでしょう。またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、保証や価格・治療期間等をわかりやすく説明する歯科医院かどうかも大事な選定ポイントです。

それからインプラント手術や治療が一段落ついた後でもきちんと長持ちさせるためにメンテナンスを行っている歯科医院かどうかも非常に大切な選項目です。歯が抜け落ちた後、基本的に3つのやり方での治療が選ばれることかと思います。よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。まず始めにブリッジの治療方法は他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。そして、はめる部位によっては銀歯にしなければいけません。
しかし、手術もいらず、治療期間もそれほど短いなどのメリットがあります。聞きなれた入れ歯ではブリッジと同様程度のメリットですが、どうしても違和感を覚えやすく、咀嚼能力が大きく低下してしまうという良くない評価があります。

。では、インプラント治療はどうしても他の治療法より高額で、外科手術をしなければならず長期間の治療を生ずるというデメリットがあるんだけども、やはり審美性が高く、普通に喋ることもでき、咀嚼能力も自分の歯同様にまで回復できるメリットであるため、長い目でみてもおすすめです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP