インプラントの場合には良い点と悪い点があります

インプラントの場合には良い点と悪い点があります。

まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。次のメリットはわざわざ虫歯のない健康の歯を削らなくて済むことです。

それから、見た目的に天然の歯を同じくらい美しいです。

またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。

さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。反対にデメリットの方では、インプラントそのものが高額です。人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。

また、メンテナンスは必須な治療方法です。

さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。

インプラントを10年も20年も使えるためにぜひ忘れてはいけない大切なポイントがあります。それはというとインプラントをする前に、歯が抜け落ちる恐れのある歯周病の治療を済ませておくことです。
二つ目はインプラントの治療した後でも定期的な検診を受診することが大事です。

しかしきちんと毎日の歯磨きをせずに定期検診を受けなかったりすると歯周病で歯が抜け落ちてしまうようにインプラントが抜け落ちる病気になったりします。

歯周病とかで抜歯した後は、3つの治療方法になります。

インプラントとブリッジ、そして入れ歯です。ブリッジからいくと他の健康な歯を削る必要があります。
それに入れるとこによし銀歯になってしまいます。しかしながら、治療期間も短期で、違和感も少ないというメリットもあります。聞きなれた入れ歯ではメリットなんかはブリッジとほぼほぼ同じですが、違和感があり、咀嚼能力が低いという良くない点があります。それから、インプラント治療法はどうしても他の治療法より高額で、手術がいるし治療期間は比較的長くなるという欠点があるんだけども、他よりは審美性が良く、普通に喋ることもでき、咀嚼能力も自分の歯同様にまで回復できるメリットなので、医院でも勧められえています。歯科医院数というと、今では全国で大体6万強の医院がございまして、どこも供給過多で苦しい状態です。
歯科医の供給過多の理由として医大・歯科大の新設により歯科ライセンスを取得する人が約年間2000名となり、歯医者さんが供給過多に陥りました。現在の歯医者は診療費の売上はそのままで右肩上がりしていない状況で、歯科のクリニックはわずかなフィールドの場で、お客さまを増々奪い合う現実です。

しのぎを削ろうと、周囲のクリニックは矯正やインプラント等より高額になる自由診療の導入を始めています。

インプラントの治療法は今15歳?約2.6%の方がトライしている最先端的治療法です。補足すると、現在歯科医院の約20パーセントにあたる13600件の医院がインプラントの手術をしています。

一歯科医院で一ヵ月当り二件の手術をすると想定して月間25000件以上のマーケットである事がわかります。

ここにきて気がつくのは普通の感覚ではどうしても高額になる治療、易々と数字通りお客はくるのでしょうか?と思うよね。

ご心配には及びません。

今では急激に高齢化の社会が突っ走ってます。
それまでに落とされてたお年を召した方のお金の使い道が孫がいないから自分に…という方が増えたのです。それから年齢が上がる程老後に備えたいなどという考えが沸き上がってくるのです。その中でもよく聞く声がだんだん健康な歯が失われてくるという事です。そんな時にありがたいのがかのインプラントなんです。

入れ歯は不便だ!見た目も気にしたい…そんな思いが増す中年者の人が増え、実際に手術する方の9割近くが45歳以上の患者さんなのです。

そんな感じで、やはりデータをみてもインプラントの必要性はどんどんと増えます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP