インプラントにはメリットとデメリットがあります

インプラントにはメリットとデメリットがあります。最初にメリットは本来の自分の歯をほぼ同じ力で噛むことができるということです。

さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。逆にデメリットでは、費用が高いということです。そして手術が伴います。

またメンテナンスが大変です。さらには重い糖尿病や骨粗鬆症の患者さんはインプラント治療ができません。
インプラントはどういう構造かと申しますと、ネジのようなチタンで作られた人工歯根とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントとその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯からなる3つの部位からなるものなのです。
また、インプラントの種類にはインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプの二種類が現在あります。

インプラント歯周炎てものがあります。これは進行状態によって2つに分けられます。

一つ目は周囲粘膜炎です。それから進行形のインプラント周囲炎です。

症状としては出血がでたり膿がでたり、インプラントがグラグラしてきたりすることです。抜歯した後は、治療方法には3つで行っていきます。インプラントとブリッジ、そして入れ歯です。まず始めにブリッジの治療方法はやはり他の歯への影響があります。加えて、はめる所により銀歯になります。だが、外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるといったメリットがあります。
入れ歯では良い部分はブリッジと近いですが、なにか変な感じという違和感があり、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むという欠点があります。

最後になるインプラント治療では保険外の自由診療で外科手術必要でかつ埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるのだけれども、他の治療法より一番美しく、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。
歯科医の規模で言うと、只今全国で大体70000弱の医院があるという事で、あらゆるところでひしめき合っています。デンタルクリニック増えた原因は医大・歯科大の立て続けに新設され年間で歯科ライセンスを取得する人がだんだん増えることによって、歯科医院自体が供給過多に陥りました。

こんにちの歯科医院は受け取る診療費の総額は横ばいでのびてない実情で、歯科医は決められた戦場で利用者を取り合いになる状態です。

必要に迫られて、巷の歯科医はインプラントやホワイトニング等自費診療の導入を行っています。

例えばインプラントといえば現状でオーバー15歳の大体2.6%の人が手を出している状態です。そして日本の歯科医院の約20%がこの方法を取り入れてます。一医院あたりひと月あたり二件の手術と想定してひと月あたり三万件弱の市場だと思います。ここまでで思うのはインプラント費用は高額なのに継続的に本当に手術に至るのかと不思議でしょう。ご心配には及びません。こんにちすごい速さで高齢化が歩んでいますよね。
少子化になる前に使われてたお年を召した方のお金の払い先がご自身の為に変わったのです。更に高齢になっていくと介護や老後に備えねばそういう気持ちが込み上げてくるのです。そしてその中でよくあるのが入れ歯にはなりたくないというものです。

そしてそれを救ってくれるのがかのインプラントなんです。気にする事無くかみたい!!生活の質を向上させたい♪そうイメージするお年寄りが多くなって、現実も利用者の半数以上が45歳以上です。

要するに、多方面の結果からインプラントの需要はだんだん増すと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP