とても嫌なインプラント歯周炎があります。これは

とても嫌なインプラント歯周炎があります。これは2つに分けられます。

第一にインプラントのその周りの炎症を起こすインプラント周囲粘膜炎というものです。

それから進行形のインプラント周囲炎です。

周囲炎の症状としては周囲粘膜が赤くなって出血・膿が出たり、インプラントがグラグラしてきたりすることです。インプラント治療する歯科医院を見極めるポイントはあります。

最初に技量のある歯科医師かどうかです。そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、それぞれのメリットとデメリット、費用や保証や治療期間などを具体的にに説明している医院かどうかも選ぶ際の参考となります。
最後にインプラントの治療・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院であるのかどうかもしっかり参考にしなければいけないでしょう。

インプラント治療法には良い点と悪い点があります。

メリットは、強い力で物を噛むことができます(天然歯とほぼ同等です)。つぎに健康である歯をわざわざけずる必要がありません。

そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。

またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。

さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。
逆にデメリットでは、インプラントの1本あたりの値段が30万前後したりするので高額です。
割と大きな手術が必要な店です。またメンテナンスが大変です。さらにはすべての種類のインプラントがまれに骨とくっつかないケースが生じます。歯周病とかで抜歯した後は、3つのやり方で治す方法が選択できます。それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。
ブリッジはどうしても健全な歯を削らなければいけません。
それに加えて、付ける部位で銀歯にしなければいけないデメリットもあります。でも、少々の違和感ですみ、手術もなく、短期の治療期間などのメリットがあります。入れ歯ではまあメリットはブリッジの治療方法と同程度ですが、異物感を感じやすく、非常にかみ合わせが悪い場合があると良くない点があります。

それから、インプラントでは費用が他よりも高額で、手術する必要があり長期の治療期間になるデメリットがそれぞれ存在しますが、審美性は抜群に高く、咀嚼能力も最も良いというメリットであるため、長い目でみてもおすすめです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP