インプラント(人工歯根)を見極めるポイ

インプラント(人工歯根)を見極めるポイントが当然あります。

まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師かどうかでしょう。またインプラント治療だけではなくそれ以外の違う治療方法や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、費用や保証や治療期間などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院であるのかどうかです。

最後に術後の定期健診を医師だけでなく専門のスタッフなども完備している歯科医院かどうかも見落としてはいけない選ぶ際の大切な基準となります。

インプラントという人工歯を大事に使っていくために100%といってもよいぐらい忘れないでほしい大事なことがあります。

それはインプラントをする前に歯を溶かしていく歯周病の治療を終了させておくことです。つぎは埋入した後でも毎日の歯磨きと定期的な検診をしてもうら必要性です。

もしもメンテナンスをしないでいるとインプラントが抜けてしまう怖い病気になる可能性があります。

歯が抜け落ちた後、概ね3つのパターンで治療で行っていきます。

ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つです。

まず始めにブリッジの治療方法は虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。
そして、はめる部位によっては銀歯にしなければいけません。

でも、外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるというメリットがブリッジにあります。聞きなれた入れ歯ではメリットなんかはブリッジとほぼほぼ同じですが、異物感を感じやすく、咀嚼能力が低いという欠点があります。
それから、インプラント治療法はどうしても他の治療法より高額で、手術する必要があり治療期間は比較的長くなるという欠点がありますが、やはり審美性が高く、一番治療後にも自然的で、自分の歯と同じようにご飯などを噛めるようになるメリットなので、医院でも勧められえています。

歯科医院数については、今日では日本ではだいたい6万強程度の医院が乱立しており全体的に余っています。
歯科クリニック飽和状態の訳は歯科大が新設ラッシュにより、年間で歯科ライセンスを得る人が増加傾向で、歯科医院自体が増大してしまいました。

今の歯医者は治療費用のトータルが横ばいでアップしていない模様で、歯医者はわずかである顧客で、お客さまを取り合う様子です。収入アップを狙い、各診療所はインプラントやホワイトニング等自費診療の誘導をしています。

例えばインプラントでは今では15歳?約40人に1人が手を出している選ばれし治療法です。

余談ですが日本の歯科医院の約20%がインプラント手術を行っています。

一歯科医院でひと月あたりふたつのインプラント手術を行うと仮定すると月間で約27000件以上のマーケットがあると予測できます。

ここで思うのは割と高額な治療ですが数字通り実際はお客さまが来るのかと疑問をもたれるでしょう。いえいえ大丈夫ですよ。現在とっても少子化が突き出ています。

その前に支払われてた高齢者のお金の払い先がご自身の為に変わったのです。

追い打ちをかけるように高齢になるにつれずっと健康な体を保てるか?などという考えが込み上げてきます。そしてその中でよくありますが健康な歯が残り少ないという悩みです。それを解決してくれるのがインプラントですね。

自分の歯の実感がほしい。色んな場面で自由さが欲しい・そういう悩み抱える老人が増え、裏付けるように患者の大半の方が45歳以上です。
そんな事もありやはり分析からインプラントの手術数はじわじわと増えて行くでしょう。

インプラントの構造はどういうものかというと、歯根部と人工歯根の上に取り付けられる支台部と、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるからなる3つの部位から出来上がる構造なのです。

次にインプラントの種類はインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプのタイプの種類があります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP