抜歯した後は、概ね3つのパターンで治療で行っていき

抜歯した後は、概ね3つのパターンで治療で行っていきます。それはブリッジ治療・入れ歯治療のインプラント治療になります。

ブリッジというのはやはり他の歯への影響があります。加えて、場所によっては銀歯になります。けれども割と簡単に治療でき、いうほど違和感を感じないというメリットもあります。入れ歯はブリッジと同様程度のメリットですが、違和感があり、総入れ歯ぐらいになると噛み合わせが大変良くないという良くない点があります。

最後の治療法のインプラントは自由診療のため高額になり、手術も必要となり治療期間は比較的長くなるという欠点があるのだけれども、他の治療法よりも審美性が最も高く、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットなので、医院でも勧められえています。
歯科の規模ですと、今は日本全体で大体70000弱の医院があるという事で、あちこちで供給過多となっています。

デンタルクリニック飽和状態のわけは歯科大などの新設が相次ぎ、歯科ライセンスを得る人が激増して、歯医者さんが増えたのです。

現在の歯医者は治療費用の収入がほとんどのびてない模様で、歯科クリニックは少ない顧客で、利用者を引き合う現状です。経営危機の為、歯科医たちはインプラントや予防歯科等高額である自費診療の導入を取り組み始めています。
インプラントの治療については今では15歳以上の大体2.6%の人が手を出している方法です。そして約13600の全国の歯科医院がインプラント治療をやっています。

ひとつの医院でひと月あたり二件の手術と想定すると月間2万7千件程度のマーケットである事が想像できます。ここまでで思うのは高値のインプラントなのに果たしてみんな受けられるのか?と不思議でしょう。しかしご心配なく。ここしばらく心配する程高齢化が迫っています。
それ以前に支払われてた高齢者のお金の使い道が自分の為にとなりました。

追い打ちをかけるように年配になるほど老後に備えたいそんな考えが込み上げてくるのです。
中でも代表的なのがだんだん健康な歯が失われてくるという事です。それを解決してくれるのがインプラントというわけです。

入れ歯は不便だ、色んな場面で自由さが欲しいっ!そういう悩み抱える老人が増え、現実にお客さんの90%近くが45歳以上なのです。そういう事なので、色々な歯科医院情報からインプラント治療の需要は急速に増して行くでしょう。インプラントの歯科医院を選ぶ際の重要な項目があります。最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターかどうかです。またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、保証や価格・治療期間等を患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかも大事な選定ポイントです。

それからインプラント治療後もしっかりメンテナンスしてくれるところであるのかどうかもしっかり参考にしなければいけないでしょう。インプラントの構造はどういうものかというと、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部と最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯という主に三つの部位からなるものなのです。次にインプラントにはどういうものがあるかというと人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプのものがあります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP