インプラントの構造はどういうものかとい

インプラントの構造はどういうものかというと、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とそこの上に取り付ける支台部と最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯という部品からの構造としてできています。次にインプラントの種類はインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプのものがあります。

インプラント治療をしている歯科医院をチョイスする大切なポイントが当然あります。

まず初めは経験や実績のある医師かどうかでしょう。そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、それぞれのメリットとデメリット、値段や治療期間なんかをわかりやすく説明する歯科医院か?です。

それから、治療後のおすすめインプラント歯科医院
のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックかどうかも非常に大切な選項目です。

歯医者さんの市場の規模では、今では日本ではだいたい6万強の医院が存在し、全国で供給過多で苦しい状態です。歯科クリニック増大の一因は大学が新設が重なり歯科ライセンスを取得する人がますます増えて、歯医者さんが増えました。今の歯医者は診療費の収入はそのままアップしてない状態で、医院は決められたフィールドの場で、利用者を横取りを狙う状態です。収入アップを狙い、それぞれの歯科医院では矯正やインプラントや他諸々自費診療の数を増やす事を図っています。このインプラントという治療法は今日本では15歳以上の約2.6%の方がしている選ばれし治療法です。

ところで日本の歯科医約68000件のうちの約20%、13600医院がインプラント治療を導入しています。
一歯科医でひと月あたり二件の手術と想像して月間で約27000件に上る市場であることが想像できます。

ただ、決して安くはない治療費、そんなにほいほいと皆様治療されるものでしょうか?などと思うでしょう。しかし大丈夫です。
今では驚く程高齢化社会へと迫っています。

少子化になる前に使用されていた高齢の方のキャッシュポイントがご自身の為に変わったのです。たたみかけて年を重ねるとだんだん健康面が気になるそんな考えが沸き上がってくるのです。中でもありがちなのが歯を失う…という不安です。それを救ってくれるのがインプラントなのですよ。入れ歯は面倒だ♪生活上より便利なものが良い。そんな思いが増す中年者の人が増え、現状に利用者の9割近くが45歳以上なんです。

ということで、見る限りの話をきいてもこのインプラントの必要性は年ごとに増して行くでしょう。
インプラント周囲炎という病気があります。

この病気は進み具合によって二種類があります。ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなるインプラント周囲粘膜炎というものです。
次はもっと進行して中の骨の方まで炎症しているインプラント周囲炎です。

インプラント周囲炎の症状としては痛みや出血が生じたり、歯茎が痩せ細ったりすることです。

インプラントを長く埋入し続けるためにも必ず心にとどめておきたい大事なことがあります。インプラント治療開始前に歯をボロボロにしてしまう歯周病の治療をあらかじめ終了しておくことです。二つ目は一度インプラントを埋めた後でも日頃の手入れや歯科医院のメンテナンスをしてもうら必要性です。

もしも定期検診などを怠ると突然インプラントが抜けてしまうインプラント周囲炎の怖い病気になります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP