歯科医院市場の規模では、今日では日本でアバウト

歯科医院市場の規模では、今日では日本でアバウトに68000程度の歯科医院が存在しまして、あらゆるところでコンビニ数51000店舗よりも多いです。歯医者の飽和状態の原因は歯科大などの新設ラッシュにより、年間歯科ライセンスの取得者が激増し、デンタルクリニックが需要を超える供給過多になったのです。

こんにちの歯科医院は診療のコスト総額はほぼ右肩上がりしていない様子で、歯科医は少しの範囲で、お客を取り合いする実情です。何とか稼ごうと、歯科医院たちはインプラントや予防歯科等患者にとって出費が多くなる診療の数を増やす事をしています。
インプラントという方法は現在15歳?約40人に1人が使っている状態です。

そしていまでは13600数の歯科医(全国の歯科医の約5分の1)がインプラント治療をやっています。
一つの歯科医院あたり二件/一ヵ月の手術と想定すると月間で何と30000件近くのマーケットであると仮設できます。気になるのはかなり高額なインプラント手術、簡単に数字通りにお客さまが来てくれるのかと思うでしょう。ご心配には及びません。

最近心配する程高齢化現象が進んでいます。
その前に使われてたはずの高齢の方のお金の払い先が他者ではなく自分へと変わりました。

そして!年を重ねると健康面が大事だという考えが増してきます。

中でも注目されやすいのが健康な歯が残り少ないという悩みです。

 

自分の歯で噛みたい♪生活の質をあげたい。そんな風に悩みを解消したいと思う年配が増え現実にお客のおおよそ88%が45歳以上の患者さんなのです。

つまり、見る限りの調べた結果インプラントの人気は日増しに増えて行くでしょう。
長い間インプラントをしていくためにも、是非分かっておきたいポイントがあります。インプラント外科手術をする前に歯を溶かしていく歯周病の治療をあらかじめ終了しておくことです。

それから二つ目ではインプラントの治療した後でも歯医者さんの定期検診をきちんと受けてチェックしつづけることになります。もし埋入しただけで後は放置しておいたりしていると人工歯根が抜け落ちる恐ろしいインプラント周囲炎にかかったりします。
インプラント(人工歯根)をチョイスするポイントがあります。最初に技量のある歯科医師であるかどうかです。またインプラントの治療以外の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、保証や価格・治療期間等をわかりやすくかつ丁寧に納得するまで説明してくれる歯科医院かどうかですね。
それから、治療後のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックかどうかも慎重に見極めなければなりません。
インプラント治療には当然メリットがありますが、反面デメリットも存在します。

まずメリットは強く噛めることが可能ということ。それと他の歯を削らなくとも良いということです。そして審美的にもよく、自分の歯と見分けがつきません。それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。
ではデメリットでいくと、値段が高いということです。そして手術が伴います。また、メンテナンスをしないといけません。さらに重症の糖尿病の方や骨粗鬆症の方はできません。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP