インプラントの構造はどういうものかとい

インプラントの構造はどういうものかというと、ネジのようなチタンで作られた人工歯根とその歯根部の上にとりつける支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠という部品からなるものなのです。

次にインプラントの種類はインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプの二つがあります。
インプラントの場合にはデメリットはありますが、当然メリットもあります。
まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。

次では、インプラントをする以外の健康の歯には影響をうけません。

そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。

直接骨に埋めるため、一体化して異物感を感じません。さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。

ではデメリットでいくと、やはり高額な治療になることでしょう。

そして手術が伴います。また、メンテナンスは必須な治療方法です。

 

とても嫌なインプラント歯周炎という病気が存在します。

これは2つに分けられます。

まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる初期のインプラント周囲粘膜炎です。

それから進行形のインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎の症状としては周囲粘膜が赤くなって出血・膿が出たり、歯茎が次第に痩せてきたりが挙げられます。歯周病とかで抜歯した後は、3つの治療方法があります。
インプラントとブリッジ、そして入れ歯です。ブリッジからいくと他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。

それにはめる所により銀歯になります。
しかしながら、手術もいらず、治療期間もそれほど短いといったメリットがあります。入れ歯ではメリットはブリッジと同じといっても過言ではありませんが、違和感があり、天然歯と比べて非常に噛みにくいというデメリットなどをもっています。
それから、インプラント治療では自由診療のため高額になり、手術する必要があり埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがそれぞれ存在しますが、やはり審美性が高く、一番治療後にも自然的で、咀嚼能力も最も良いというメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。ずっとインプラントをしていくためにも、是非とも耳の片隅に置いておきたい大切なことがあります。それは治療前に様々な病原菌を作る歯周病治療を前もって終了させておくことが大事です。それから二つ目ではいったんインプラント埋入後でも定期的な検診をきちんとしてもらことです。けどそのままケアをしなかったりすると人工歯根が抜け落ちる病気にかかったりしまいます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP