インプラントの歯科をチョイスする大

インプラントの歯科をチョイスする大切なポイントはあります。
まず、経験豊富な医者かどうかです。

またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、費用・保証・治療期間などを具体的にに説明している医院か?です。
それからインプラント治療後もしっかりメンテナンスしてくれるところであるのかどうかもしっかり参考にしなければいけないでしょう。インプラント治療はデメリットはありますが、当然メリットもあります。メリットは、強い力で物を噛むことができます(天然歯とほぼ同等です)。つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。それから入れ歯と異なり、口の中に何か入っているといったことを感じず自然な感じです。さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。

ではデメリットの方では、インプラントそのものが高額です。で、顎の骨の中に人工歯根を埋め込む必要があるので、手術が必要になります。また、メンテナンスをしないといけません。

さらにはすべての種類のインプラントがまれに骨とくっつかないケースが生じます。

インプラントを10年も20年も使えるためにぜひ知っておいてほしいことがあります。インプラント治療の開始前に大変恐ろしい歯周病の治療をあらかじめ終わらせておくこと。
つぎはインプラント手術後もメンテナンスをきちんと受診することです。

でも、メンテナンスを受けなかったらインプラント自体が抜けて取れてしまう怖い病気になる可能性があります。インプラント周囲炎という病気があります。
これは2つに分けられます。一つ目は初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。次はもっと進行して中の骨の方まで炎症しているインプラント周囲炎です。
症状としては周囲粘膜が赤くなって出血・膿が出たり、歯茎が次第に痩せてきたりする事です。

歯科医院シェアについて、現在全国で大体68000程度の歯科医院が存在しまして、どこでも余っています。歯科増えすぎた一因として医大などのどんどん新設され年間の歯科ライセンス取得者が激増して、歯医者が急増したのです。現在の歯科医は診療コスト売上は横ばいで増えていない状態で、歯科医院はわずかである顧客で、患者さんを引き合う現実です。経営危機の為、歯科医院たちはインプラント等自費での診療のますますの導入をしています。
例えばインプラントといえば現在では15歳より上の年齢の約40人に1人がトライしている治療なのです。
補足しますが現状で全国の約13
600の歯科医院がインプラントの手術をしているのです。

一歯科医でひと月でふたつの手術を行うと決めて月間25000件以上の市場になっていると計算できます。

ここにきて気がつくのは高値のインプラントなのに易々と数字通りお客はくるのでしょうか?と不思議でしょう。
でも大丈夫なんです。今日驚く程少子化現象が迫ってますよね。
少子化になる前に払われていた年配の方のお金の使い道がご自身の為に変わったのです。

そして!年配になるほどそろそろ体を大事にしよう等の気持ちが頭をかすめます。やっぱりその中でよく聞くのが自前の歯が痛んでくる事です。

そしてその救世主がインプラント治療です。ブリッジや入れ歯なんかじゃいやだ!!色んな場面で自由さが欲しい。

そう思う時代になってきて現実に患者さんの約9割が45歳以上です。というわけで各種類の話をきいてもインプラント手術の人気は日増しに増します。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP