とても嫌なインプラント歯周炎という病気が存在

とても嫌なインプラント歯周炎という病気が存在します。これは2つに分けられます。

まず、インプラント周囲粘膜の部分に生じるインプラントの周囲粘膜炎です。
二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。周囲炎の症状としては周囲粘膜が赤くなって出血・膿が出たり、歯茎が次第に痩せてきたりする症状があげられます。インプラント治療する歯科医院を見極めるポイントが当然あります。
まずは経験や実績の豊富なクリニック医師であるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。
次に、きちんと他の治療方法(入れ歯やブリッジなど)や、インプラント自体のメリットとデメリット、治療期間や保障などを患者の目線に立ってきちんと説明や相談してくれる歯科医院かどうかも大事な選定ポイントです。
それから、治療後のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックかどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。インプラントを半永久的に持たせるために是非分かっておきたいことがあります。

それはインプラント療法前に歯を溶かしていく歯周病の治療をちゃんとしておくこと大事です。

そして次にいったんインプラント埋入後でも積極的な定期検診を受けてチェックしてもうらことです。しかしながら、もしメンテナンスを放置するとインプラントが抜け落ちてしますインプラント特有の歯周病になる可能性があります。歯が抜けたあとは、基本的に3つのやり方での治療になります。
のインプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。ブリッジは健康な歯を削るなどして犠牲にします。
それに入れるとこによし銀歯になってしまいます。
だが、それほど違和感を感じず、手術不要というメリットがブリッジにあります。

入れ歯はメリットはブリッジと似ていますが、どうしても違和感を覚えやすく、非常にかみ合わせが悪い場合があるとデメリットなどをもっています。

では、インプラント治療は保険外の自由診療で手術がいるし長い治療の期間というデメリットがありますが、他の治療法より一番美しく、自分の歯と同じようにご飯などを噛めるようになるメリットであるため、長い目でみてもおすすめです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP