インプラントの歯科をチョイスする大切なポイントが当然あ

インプラントの歯科をチョイスする大切なポイントが当然あります。

まず初めは経験や実績のある医師であるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。

次に、きちんと他の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、費用・保証・治療期間などを具体的にに説明している医院かどうかも大事な選定ポイントです。

最後は治療後の定期検診(メンテナンスなど)もしっかり行っている歯科医院かどうかも慎重に見極めなければなりません。
歯を抜いた後、治療方法には3つが選択できます。
それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。ブリッジというのは他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。それに付ける部位で銀歯にしなければいけないデメリットもあります。だが、治療期間も短期で、違和感も少ないなどのメリットがあります。2つめの入れ歯治療ではまあメリットはブリッジの治療方法と同程度ですが、異物感などで慣れず、総入れ歯ぐらいになると噛み合わせが大変良くないというデメリットなどをもっています。
最後にインプラントでは費用が他よりも高額で、手術がいるし長期間の治療を生ずるというデメリットがあるんだけども、やはり審美性が高く、一番治療後にも自然的で、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットなので、医院でも勧められえています。

なりたくないインプラント歯周炎があります。

この病気は進み具合によって二種類があります。第一にインプラントのその周りの炎症を起こすインプラントの周囲粘膜炎です。次はもっと進行して中の骨の方まで炎症しているインプラント周囲炎です。

主なインプラント周囲炎の症状は粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎が痩せ細ったりが挙げられます。
インプラント治療は良い点と悪い点があるのです。

まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。次のメリットでは、インプラントを埋める隣の健康の歯に影響がないことです。

そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。

さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。反対にデメリットの方では、インプラント自体の値段が高いことが挙げられます。人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。

また定期的なメンテナンスが必要ということです。さらには、医師の技量にもかかってくるため、治療中事故(医療事故)が生じないとは言えません。

インプラント構造は、歯根部とその歯根部の上にとりつける支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯との三つの部品からなる構造です。また、インプラントの種類にはインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの二種類が現在あります。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP