インプラント治療には患者にとってメリットとデメリットが

インプラント治療には患者にとってメリットとデメリットがあります。

まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。つぎに健康である歯をわざわざけずる必要がありません。

そして天然の歯と見分けがつかないくらい美しいです。またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。

さらには会話も弾むほどしゃべれます。ではインプラントのデメリットは、インプラント自体の値段が高いことが挙げられます。

場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。

また、メンテナンスをしないといけません。

さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。

例えば糖尿病の人はできない場合があります。とても嫌なインプラント歯周炎という病気が存在します。
これは進行状態によって2つに分けられます。
一つ目は初期のインプラント周囲粘膜炎です。

それから進行形のインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎での症状は周囲粘膜が赤くなって出血・膿が出たり、インプラントがグラグラしてきたりが主な症状です。歯が抜け落ちた後、主に三種類の治療が選べれます。
インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。

ブリッジ治療は他の健康な歯を削る必要があります。

それに加えて、入れるとこによし銀歯になってしまいます。しかし割と簡単に治療でき、いうほど違和感を感じないなどのメリットがあります。
聞きなれた入れ歯ではメリットはブリッジと似ていますが、違和感があり、咀嚼能力が低いというデメリットがあります。

まずは経験や実績の豊富なクリニック医師かどうかです。

またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、治療の期間やトータルコストなどを具体的にに説明している医院か?です。それからインプラント手術や治療が一段落ついた後でもきちんと長持ちさせるためにメンテナンスを行っている歯科医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP