インプラントという人工歯を大事に使っ

インプラントという人工歯を大事に使っていくために必ず忘れないでほしい内容があります。それはインプラント療法前に大変恐ろしい歯周病の治療を予め済ませておくことです。

それから二つ目ではインプラント治療後も毎日の歯磨きと定期的な検診を受けてチェックしてもうらことです。
けれども、面倒くさいからといってメンテナンスを行わなかったりすると最終的にはインプラントが抜けてしまうという恐ろしいインプラント周囲炎にかかったりします。インプラントの歯科医院をチョイスする大切なポイントはやはりあります。
まず初めは経験や実績のある医師かどうかでしょう。
次に、きちんと他の治療方法(入れ歯やブリッジなど)や、メリットとデメリット、保証や価格・治療期間等を患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院であるのかどうかです。

それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院かどうかも見落としてはいけない選ぶ際の大切な基準となります。

インプラントの造りは、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部と人工歯根の上に取り付けられる支台部と、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるからなる3つの部位からなる構造です。

また、代表的なインプラント種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプの二種類が現在あります。
歯科シェア数と言いますと、今では日本全体でアバウトに6万強の医院があって全体的に飽和状態です。
歯医者の増えた理由として医大・歯科大のいたるところで新設され、年間の歯科ライセンス取得者がますます増えて、歯科医が増えました。

現在の歯科は治療費の売上はあんまりUPしていない状態で、歯科医院はわずかである顧客数でお客さんを増々奪い合う状況です。収入アップを狙い、巷の歯科医はインプラントを筆頭により高額になる自由診療の導入を工夫しています。インプラントという方法は現状オーバーフィフティーンおよそ1人/40人がしている状態です。ちなみに現在の歯科医の約13600医院がインプラントの手術をしているのです。
一医院あたりひと月あたり二件の手術と仮定して一ヵ月で27200件にものぼるマーケットがあると計算できます。

ここにきて気がつくのはそんな高額なインプラント治療を継続的に本当に手術に至るのかと不思議でしょう。ご心配には及びません。今は心配する程高齢化へと歩んでいますよね。

それまでに払ってた年配の方のお金の使い道が自分の為にとなりました。

それから年齢とともに将来の健康面が不安そんな気持ちが強くなってきます。そして代表格とも言えるのが入れ歯にはなりたくないというものです。それを救ってくれるのがかのインプラントなんです。

ブリッジや入れ歯なんかじゃいやだ、生活の質をあげたい♪そういう悩み抱える老人が増え、実際に患者様の約9割が45歳以上です。

要するに、各種類の調べた結果このインプラントの需要はだんだん増えて行くでしょう。

インプラントには患者にとってメリットとデメリットがあります。

まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。

次に、健康の歯を削る必要がないことです。そして、審美的にもグッドで、自分の歯とほとんど見分けがつきません。直接骨に埋めるため、一体化して異物感を感じません。
さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。

ではインプラントのデメリットは、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。
場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。
また定期的なメンテナンスが必要ということです。さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP