歯科医のシェア数につきましては、只今全国

歯科医のシェア数につきましては、只今全国でアバウトに6万強の医院があるという事で、どの地域も飽和状態です。
歯科クリニック過多の理由として医大が増設により歯科ライセンスを取得する人が増加傾向で、歯科が供給過多に陥りました。

今の歯科医は治療費用のトータルがあんまりのびていない実情で、歯医者は少ない範囲で、患者さんを取り合いの実情です。売り上げ回復の為、周囲のクリニックはインプラントをはじめ高額である自費診療の導入を図っています。

インプラントという方法は現在日本では15歳?の大体2.6%の人が使っている手法です。

そして日本の歯科医約68000件のうちの約20%、13600医院がインプラント手術に取り組んでいます。
一歯科でひと月でふたつの手術を行うと想定して月間2万7千件程度の市場があると計算できます。そこにきて高いインプラント費用であるのにそんなにコンスタントにお客さまを獲得できるのでしょうか、などなど心配ですよね。
でも、実は大丈夫なんです。

今でははっとする程高齢化社会が迫っていますね?少子化より前に集まっていたおじいさんおばあさんのお金をかけるポイントが孫がいないから自分に…という方が増えたのです。
更に年を重ねる程健康・介護に備えたいそんな気持ちが頭をかすめます。そしてやはりよく聞きますが健康な歯が残り少ないという悩みです。
そしてその救世主がインプラント治療です。
気にする事無くかみたいっ!話しやすい歯が欲しい…そう思う人が増え現状に患者の90%近くが45歳以上なのです。

てなわけで多方面のデータをみてもこのインプラントの必要性はずっと増えて行きます。インプラント治療法にはメリットとデメリットがあります。

メリットでは、生まれ持った歯と同じパワーで噛む事ができます。
次では、インプラントをする以外の健康の歯には影響をうけません。
そして天然の歯と見分けがつかないくらい美しいです。それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。デメリットは、インプラント自体の値段が高いことが挙げられます。
場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。

また定期的なメンテナンスが必要ということです。さらに重症の糖尿病の方や骨粗鬆症の方はできません。インプラントの歯科医院をチョイスする大切なポイントはあります。最初に技量のある歯科医師かどうかです。次にしっかりその他の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、治療期間や保障などを患者の目線に立ってきちんと説明や相談してくれる歯科医院かどうかも選ぶ際の参考となります。

 

インプラントの治療・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。なりたくないインプラント歯周炎という歯周病に似た病気があります。

これは二つの異なる歯周炎に分類されます。まず、インプラント周囲粘膜の部分に生じるインプラントの周囲粘膜炎です。それから進行形のインプラント周囲炎です。

インプラント周囲炎の症状としては一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎とインプラントの間の溝が深くなったりする事です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP