歯科医の規模では、只今この国で

歯科医の規模では、只今この国では大体6万強の医院がございまして、どの地域もコンビニ数51000店舗よりも多いです。

歯医者の多すぎの原因は歯科大などのどんどん新設され歯科ライセンスを取得する人がますます増えて、結果として歯科医院が増えたのです。
こんにちの歯科医院は診療費の総額が横ばいでアップしてない状態で、デンタルクリニックはわずかなパイで受診者を取り合いする現状です。必要に迫られて、それぞれの歯科医院ではインプラント・矯正・ホワイトニング…等自費の診療の導入をしています。このインプラントという治療法は現状オーバーフィフティーンおよそ2.6%の人が取り込んでいる治療の方法です。

そしていまでは13600数の歯科医(全国の歯科医の約5分の1)がインプラント治療・手術を取り入れています。ひとつの歯科医院でひと月でふたつの手術を行うと想定して月間で約27000件に上る市場があると予測できます。ただ、かなり高額なインプラント手術、そんなにコンスタントにお客さまを獲得できるのでしょうか、などなど思うでしょう。

しかしご心配なく。今日焦る程高齢化社会へと迫っているでしょう。少子化になる前に落とされてた高齢者のポケットマネーの使い道が他者ではなく自分へと変わりました。そして高齢になるにつれ健康・介護に備えたいという考えが沸き上がってくるのです。代表的なのが代表的なのが入れ歯にはなりたくないというものです。
それを救ってくれるのがかのインプラントなんです。
入れ歯は面倒だ、見た目も気にしたい!!そう思う時代になってきてやっぱり実際でも手術する方の90%近くが45歳以上にあたるのです。

というわけで各種類の話をきいてもインプラント手術の手術数はどんどんと増えます。

インプラント専門の歯科医院をチョイスする大切なポイントが当然ながらあります。

まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師かどうかです。
そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、費用・保証・治療期間などを具体的にに説明している医院かどうかも大事な選定ポイントです。

それから、治療後のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックかどうかも非常に大切な選項目です。

そもそもインプラントってどんなものかというと、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根と人工歯根の上に取り付けられる支台部とその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯という部品からなるものなのです。

また、代表的なインプラント種類では人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプのタイプの種類があります。

大変怖いインプラント歯周炎という病気が存在します。

これは2つに分けられます。

まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる周囲粘膜炎です。

それから進行形のインプラント周囲炎です。

周囲炎の症状としては出血がでたり膿がでたり、歯茎が次第に痩せてきたりする症状があげられます。

おすすめインプラント歯科医院

長い間インプラントをしていくためにも、是非ずっと心にとどめておきたいチェックポイントがあります。それはインプラント療法前に歯周病治療をしっかり終わらせておく事です。
二つめはインプラント治療後もメンテナンスをきちんと受診することです。もしもメンテナンスをしないでいると最後にはインプラント自体が抜けて取れてしまう病気にかかったりしまいます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP